釜石市鵜住居出身の民謡歌手で、釜石観光物産親善大使も務める佐野よりこさんが、東日本大震災の教訓を伝える民謡CDをクラウドファンディング利用して完成しました。

この「佐野よりこ民謡集〜天までとどけ」には民謡を中心に13曲が収録され、ふるさとの「釜石小唄」や「釜石浜唄」、新相馬節の替え歌として自ら作詞した「新・津波てんでんこ」も含まれております。

自身も震災の津波で実家も両親も亡くし、その経験から制作を決意し古くから地域の生活に根ざした民謡を通して震災の教訓を届け、語り継ぐためのプロジェクトを立ち上げクラウドファンディングに挑戦しました。

CDは支援者への返礼品として贈られるほか、一般販売は釜石観光総合案内所や市内各店舗で、またインターネットでも購入できます。
価格は2,100円(税抜き)で収益の一部は釜石市の災害義援金として寄付する予定とのことです。